マンション経営のエキスパート 須山建設株式会社

コーポレートサイトへ

メニュー

建物設備の保守点検

ホーム > アフターメンテナンス・サポートについて > 建物設備の保守点検

マンションやサービス付高齢者向住宅には、その暮らしを支えるために様々な設備が存在します。 そのため、これらの建築物は建築法令上「特殊建築物」となります。したがって、定期的に建物の安全性等の確認のため定めらた項目を点検したり、消防法などの関係法令を順守するため、各法令に定められた項目を定期的に点検する必要があります。以下の設備がある建物には規模・地域性を考慮し最適な保守点検サービスを提案いたします。

マンション

関係法令に準じた建物設備の保守点検一覧

点検項目 概要 根拠法 点検期間 規模 報告部署
特殊建築物定期検査 地盤・構造強度・防火構造・避難施設など、建物全般についての総合点検 建築基準法 3年に1回 5階建て・延べ床1000m2以上 特定行政庁
建築設備定期点検 換気設備・排煙設備・非常照明設備・給排水設備を重点的に行う定期検査 建築基準法 1年に1回 5階建て・延べ床1000m2以上 特定行政庁
昇降機定期検査 エレベーターの定期検査 建築基準法 1年に1回 全て 特定行政庁
浄化槽設備点検 浄化槽の保守点検清掃、水質に関する検査 浄化槽法 1年に1回 全て 各市町村
担当課
簡易専用水道(受水槽)定期検査 水槽と水質の清掃や点検に関する定期検査 水道法 1年に1回 10t以上受水槽 各市町村
水道課
消防用設備定期検査 消化設備、警報設備、避難設備、消防用水、消防活動上必要な設備における定期検査 消防法 機器点検は半年に1回、総合点検は1年に1回 対象設備は全て 所轄消防署

消防用設備 点検部位一覧表

消化設備 屋内消火栓、泡消火設備、スプリンクラー設備
警報設備 自動火災報知設備、漏電火災警報設備、ガス漏れ火災警報設備、非常ベル
避難設備 避難梯子、誘導灯、救助袋、誘導標識
消防用水 防火水槽、貯水槽
消防活動上必要設備 連結送水管、排煙設備、非常コンセント設備
消火栓

自動ドアの保守点検

不特定多数の人が使用する自動ドアは頻度に応じて保守点検が必要です。

ページの先頭へ