マンション経営のエキスパート 須山建設株式会社

コーポレートサイトへ

メニュー

マンション経営のエキスパート 須山建設株式会社

新着情報

ホーム > 新着情報 > 建築技術ソリューション > PFI手法を取り入れた「県営住宅佐鳴湖団地建替整備事業」落札決定いたしました

2021年01月28日建築技術ソリューション

PFI手法を取り入れた「県営住宅佐鳴湖団地建替整備事業」落札決定いたしました

PFI手法(※1)を取り入れた「県営住宅佐鳴湖団地建替整備事業」につきまして

当社を代表とするグループが落札者に決定いたしました。

■事業概要
 本事業は県営佐鳴湖団地の建替エリア内において、
 既存住棟の解体、新住棟の建設整備を段階的に行うと共に、
 入居者移転支援業務、余剰地活用業務を実施するものです。

■事業体名 須山建設グループ
 代表企業:須山建設株式会社(建設・入居者移転支援・余剰地活用)
 構成企業:中村建設株式会社(建設・余剰地活用) 
 構成企業:株式会社市浦ハウジング&プランニング(設計・工事監理)
 構成企業:株式会社アーキプラン一級建築士事務所(設計・工事監理)
 構成企業:株式会社アライブ(入居者移転支援)

■事業方式
 PFI法に基づくBT方式

■事業期間
 議決の日 ~ 令和11年 6月15日

■事業スケジュール概略(計画)
 令和 3年議決の日 ~ 令和10年 8月  県営団地建替整備 
 令和10年8月 ~ 令和11年 6月15日 余剰地活用施設整備

※1  PFI(Private Finance Initiative)
  公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。
  民間の資金、経営能力、技術的能力を活用することにより、国や地方公共団体等が直接実施するよりも
  効率的かつ効果的に公共サービスを提供できる事業について、PFI手法で実施します。
  PFIの導入により、国や地方公共団体の事業コストの削減、より質の高い公共サービスの提供を目指します。

佐鳴湖団地外観透視図_1.jpg

ページの先頭へ