マンション経営のエキスパート 須山建設株式会社

コーポレートサイトへ

メニュー

登録基準

ホーム > サービス付き高齢者向け住宅 > 登録基準

国土交通省・厚生労働省による、登録基準を御紹介します。

※有料老人ホームも登録可

ハード

・床面積は原則25m2以上 ・構造・設備が一定の基準を満たすこと
(ただし、居間・食堂・台所・浴室など、高齢者が共同して利用する為に十分な面積を有する場合は18m2以上)
・バリアフリー(廊下幅、段差解消、手すり設置)

居間

手すり

サービス

・サービスを提供すること(少なくとも状況把握・生活相談サービスを提供)
※サービスの例:食事の提供、清掃・洗濯等の家事援助、介護サービス

介護

食事の提供

契約内容

・長期入院を理由に事業者から一方的に解約できないこととしているなど、居住の安定が図られた契約であること
・敷金、家賃、サービス対価以外の金銭を徴収しないこと
・前払金に関して入居者保護が図られていること(初期償却の制限、工事完了前の受領禁止、保全措置・返還ルールの明示の義務付け)

居住の安定

登録事業者の義務

  • 契約締結前に、サービス内容や費用について書面を交付して説明すること
  • 登録事項の情報開示
  • 誤解を招くような広告の禁止
  • 契約に従ってサービスを提供すること

行政による指導監督

  • 報告徴収、事務所や登録住宅への立入検査
  • 業務に関する是正指示
  • 指示違反、登録基準不適合の場合の登録取消し

ページの先頭へ